当社のサプリメントを15年使用している79歳現役保健師さん

2013年01月25日

当社のサプリメントを説明するのに、ユーザーさんのお話しをするのがいちばんわかりやすいかもしれません。

オリジナルのサプリメントを販売して今年で23年目になります。創立から店舗にはおかず、消費者へ直接販売(ダイレクトセリング)でした。ユーザーさんとのつながりを重視し、広告費はかけない主義でしたが、当社を支持してくださるお客様ができ口コミで紹介してくださり、ここまで継続できています。

ユーザーさんの中には、5年10年と長期にわたってお使いくださっているかたも多く、当時50代だった方がもうすぐ80歳などときくと時代の流れを感じます。もっともわたしがそらに入社したのは、26歳くらいでしたから、人のことを言ってるどころか、自分もはや中年ですからね(笑)。

今回は、いまでも現役の保健師さんとして頑張っていらっしゃるOさんの声を紹介させていただきます。

当社の会員向けニュースレター「そら通信」も154号となりますが、9年前の52号体験談で登場していただいたことがあります。当時Oさんは70歳。

奥野さん.jpg

とてもチャーミングなOさんです。
一緒に写っているわたしも、なんと39歳。なんだか今より老けてますねえ。

このときのOさんの体験談から

父に保健師になれって言われてねえ。京都の田舎町で父は村会議長をしてて、助産婦さんとか看護婦さんが足りなくて困っていた頃で。私理数系が案外嫌いではなかったからすんなりと言われるまま。
 保健師は戦後進駐軍さんが来てからできた職種なんです。日本の衛生状態があまりにも悪くて。食べ物は無い、栄養状態も悪いで。それまで日本は罹ったら治すっていう「治療」の意識が強かった。公衆衛生を広めるとか病気を予防するっていう考えはうすかったんですよ。

元気ではつらつとした老人なら家族や社会のお荷物になることなんてないんですよ。介護は本人も家族も大変。医療費もかさむし、いつまでって終わりがないわけだから。介護保険の指導もしてますけどね、まず健康で介護を受けないようにするのがやっぱりいちばんですよ。


Oさんはご主人を61歳で、がんで亡くされています。なおさら、病気はかかってからでは遅いから普段の予防こそ大事と思っていらっしゃるのです。

今年79歳になる今も、職場では辞めさせてくれずお仕事を続けていらっしゃるとのこと。最近はメタボ検診でメタボでひっかかった若い人の指導にもはいるのだが、今の若いひとたちの食事の乱れはひどいし、予防意識も欠けているし、今後若い世代の健康がますます心配とおっしゃいます。

----------------------------------------------------------------------------

Oさんが利用している製品は、サンゴの力、マックスピア、珊瑚の恵、はだのさぷり、サプリタイムです。

今日またご注文のFAXをいただき、通信欄にはこのように書かれておりました。


寒中お見舞い申し上げます。
そらのサプリのお陰様で元気に仕事も運動も続けられます。
昨年10月頃からカーブスの体操教室へ通っております。
おととしは、震災直前に77歳の誕生日プレゼントで娘家族とハワイに
旅行してきました。
去年11月の検診で、骨密度は116.4%でした。20代の81%を保っています。
これもサンゴカルシウムをとっているお陰と思います。



他の会社さんの話になりますが、皇潤では有名人をCMに起用して広告費が高騰し、売り上げがそれに見合わず、つい最近、社長以下役員も全員交代となったそうです。たしかな情報です。

当社はほんもののユーザーさんですものね♪

われわれそのものが、自社製品の愛用者であり、歩く広告塔であることを自負しています。

そらのサプリメント
posted by shinto at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | そらについて
女性は男性の4倍も骨粗鬆症になりやすい!.. | ホーム | こんなに働いている、からだの中の水!!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/61711526

この記事へのトラックバック