神経細胞の働きにカルシウムは重要

2012年09月18日

神経細胞の働きに重要

浜松医科大名誉教授 高田明和

カルシウムといえば骨、骨といえば骨粗しょう症というくらい、骨にとってカルシウムは大事である。しかしカルシウムは骨の維持に重要なだけではない。細胞の働き、とくに神経の働きに欠かせないのである。
細胞の中でカルシウムは重要な働きをしているため、普通は細胞内の濃度は極めて低く抑えられている。骨中のカルシウム濃度を1とすると、血液中にはその1万分の1、細胞内ではさらにその1万分の1にすぎない。
 
ところが細胞、とくに神経が興奮すると細胞外から細胞内にカルシウムが入ってくる。するといろいろな酵素が活性化され、細胞内の物質の放出、細胞の形の変化、筋肉なら収縮などが起こる。カルシウムが足りなくなると、骨のカルシウムを細胞の方に回そうとするので、骨は弱くなる。神経や筋肉はカルシウムが足りなくなると、細胞内の貯蔵庫からカルシウムを放出させて使おうとする。その結果、筋肉、神経の異常興奮が起こる。カルシウム不足でイライラするのはこのためだ。

シナプスのしくみ.jpg
カルシウムは神経伝達物質

カルシウムを食べ物から摂取することは極めて大事だ。しかしカルシウムをとれば、体の中に入って使えるというものでもない。北欧の日照量の少ないところで生活している人は活性型ビタミンDが不足する。するとカルシウムを腸管から吸収することができにくくなる。カルシウムを含む食べ物を多くとってもカルシウム不足になり、骨の発育が悪くなる。
 
欧米に比べ日本人はカルシウム摂取が少ないのに、骨折は少ない。これは私たちの体質がカルシウムを有効に使っているということを示している。日本ではいま530ミリグラムのカルシウムが摂取されているが、600ミリグラムの摂取が勧められている。一方、米国では1000ミリグラムが勧められている。
 
カルシウムは何からとったらよいか。昔から牛乳はカルシウムの補給によく、吸収がよいとされてきた。しかし最近、吸収されにくいとされた魚の骨などのカルシウムも意外によく吸収されることが分かった。小腸の上皮細胞の近くは酸性が強く、カルシウムがイオン化し、吸収されるのである。カルシウムは脂肪酸と一緒に摂取すると吸収されにくいということも分かった。欧米の食が脂肪を多く含んでいることが欧米人のカルシウム不足の原因、骨折が多い理由かもしれない。




沖縄の化石サンゴカルシウムは、牛骨粉や煮干し粉などと違ってリンが含まれていないところがよいのです。リンと結合した一般のカルシウムは、体内にとりこんでも吸収されにくく排泄されやすいため、結局は役にたたないことになります。
化石サンゴカルシウムは30年も前から、カルシウム補給食品として利用されてきていますが、高級素材なため大量販売されておらず、あまり世の中に知られていません。けれども、一度利用されたかたは、長く愛用される傾向がありリピート率の高いサプリメントとなっています。

オリジナルサプリメント そら
化石サンゴカルシウム「珊瑚の恵」→
☆初めての方には、15本お試しがあります。



posted by shinto at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | カルシウム
これほど重要なカルシウム! | ホーム | 人間は炭水化物、タンパク質、脂質だけでは..
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58341415

この記事へのトラックバック