歳を取り肌が老化するのは8割が紫外線が原因

2012年07月30日

歳を取ると肌が老化するのはしかたがないと思っていませんか。そりゃあ、50歳60歳になってもはたちの肌というわけにはいきませんか、老化の下り坂カーブをできるだけなだらかに、ゆるやかにすることは出来ます。

なぜなら、加齢による自然な老化は20%で、あとの80%は日光の紫外線(光老化)によるものということがわかってきました。

光老化円グラフ.jpg



紫外線によってできた「活性酸素」が肌にダメージを!

りんごを切ってそのまま置いておくと、切り口が茶色くなりますね。空気に触れて酸化したのです。これと同じように体の細胞も酸化します。この原因物質が「活性酸素」です。紫外線は皮膚の中に、この「活性酸素」を大量に発生させてしまいます。

肌の細胞を活性酸素から守るために、防衛反応としてメラニン色素が集まってきます。これが日焼けやシミの原因。さらに、活性酸素は肌の弾力を保っているコラーゲンやエラスチンを破壊して、しわやたるみの原因ともなります。

ここに、年齢による自然老化と光老化の「肌の変化」の違いについてしめしています↓

自然老化と光老化.jpg

テレビで農作業をする高齢の女性を目にしたりしますが、すっかり日焼けした肌は、ごわごわとして深いしわがきざまれているのが見受けられます。

肌の弾力の決め手となるコラーゲンも、自然老化だけだったら“わずかな変化”ですむのですね。70歳、80歳になったら、ある程度のしわはしかたがありませんが、肌老化の8割の原因となっている「紫外線」をできるだけ避ければ、ずいぶん違いがあると思います。

顔には生き方があらわれるといいますが、歳を取っても、美しいしわだったらいいですね。

活性酸素を除去してくれるサプリメントも有効です。抗酸化物質をたっぷりとることにより、メラニンができるのを防ぐことができます。



なかから美肌に 「はだのさぷり」 詳しくは →



はだのさぷり箱.jpg

はださぷイメージ写真大画像.jpg
posted by shinto at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング
がん患者の就労問題(1) | ホーム | ブドウ種子エキスポリフェノールになぜ美肌..
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57327931

この記事へのトラックバック