熱中症、熱射病、日射病の違いは?!

2012年07月17日

3連休最終日の16日、日本列島は太平洋高気圧に覆われて暖かい南風が流れ込んだ影響で、九州から東北南部の広い範囲で気温が上昇し、各地で35度以上の猛暑日となった。
群馬県館林市では37・6度を記録。熱中症の疑いで少なくとも全国で680人以上が救急搬送された。海や川など行楽地での事故も相次ぎ、9人が死亡した。(ニュースより)

テレビでもさかんに「熱中症予防のために水分補給を!」などと呼びかけていますね。熱中症は屋外だけでなく、室内でじっとしていても起こるといいますから、その特徴をよく把握しておかなければいけませんね。

熱中症が重症化するのは高齢者が多いといいますので、身近な家族である親御さんや、お祖父様やお祖母様に教えてあげるといいですね。

そもそも、似たようなことばで、「熱中症、熱射病、日射病」がありますが、どう違うんでしょう??

--------------------------------------------------------------------------- ★☆

熱中症とは体内の水分や塩分のバランスが崩れ、また体温の調節機構が破綻するなどの原因で起こる病態(症状をあらわす)です。熱中症はその病型により熱虚脱・熱疲弊、熱痙攣、熱射病に分けられます。

熱虚脱・熱疲弊はいわゆる“夏バテ”で脱水状態が続いた場合に起きます。
熱痙攣は発汗により塩分が失われた時に、水だけしか補給しないでいると血中のナトリウム濃度が低下して起きます。
熱射病は40℃を超える高体温で、脳の体温調節中枢の機能が麻痺しておこります。

熱射病がもっとも危険であり死亡することもまれではありません。熱中症は屋内でも起こりますが、特に直射日光下で生じた熱中症日射病と呼んでいます。

こちらのページを参考にさせていただきました。

冷やし方イラスト.jpg
どなたが書かれたのか、わかりやすかったのでお借りしてきました。脇の下とか太もものつけ根とか、太い血管が比較的表面に流れているところを集中的に冷やすとよいようです。
posted by shinto at 14:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 快適な生活
麦わら帽子は優れもの。綿帽子との比較! | ホーム | 暑いときの水分補給は、水分+塩分+糖分
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57095704

この記事へのトラックバック