がん検診受診率50%、国の目標高すぎ

2012年07月16日

国の「がん対策推進基本計画」というものがあり、2007年時点で5年間のがん検診受診率目標を各部位別それぞれ50%としていたらしい。

ところが、現実の数字はかけ離れていて、2012年までに達成できた自治体はゼロ。今年6月からのあらたな計画では、胃と肺と大腸のがん検診は40%と目標を下げたにもかかわらず、今後5年間で達成できる見通しと回答したのは、約200自治体中わずかに2つの自治体のみ。

受診率が上がらない理由として、9割以上が「住民の意識が乏しい」、6割が「集団検診への参加が減っている」とした。

がん検診受診率.jpg

大阪府茨木市を例にとると、がん検診担当者は「受診率50%なんてエベレスト並に高いハードル」の本音をもらしている(ほぼ不可能に近いと言いたいのでしょう)。肺や大腸のがん検診は20%台とまだしも、胃がん検診はひどいもので4.3%という低さ。

その一因は、バリウムを飲んでX線撮影をする検診方法が不人気だからという。胃がん検診には、内視鏡で行う方法もあるが、厚労省の指針ではバリウムによる方法を指定している。

大阪府茨木市医師会 上野豊副会長は次のように述べたという。「バリウムを飲むと便秘になりやすいし、ぐるぐる体を大きく動かされるので敬遠されがち」。

(現場では胃がん検診は内視鏡が普通となっている)。

-----------------------------------------------------------------------------

意見をいわせてもらうと、この例をひとつとってみても、国はがん検診受診率を本気であげようとしているのか疑問に思う。バリウムを飲むのが嫌だ、という人が多いことがわかったら、内視鏡検査にきりかえればいいではないか。費用がバリウムのほうが安いとか、けちなことを考えているんじゃないでしょうねえ。

ここに胃腸肛門病専門の東大医学博士によるblogがありました。
バリウム検査と内視鏡検査についてのべています→

まあ、受診者にも問題はあります。ぐるぐる体を回されるのは気持ちのいいものではないけれど、自分の体のリスク管理と思えばなんてことない。「胃の検査不人気で敬遠」とか、検診は自分のために必要でやるもんであって、人気不人気でどうこう言えるものではないと思うのですが。


体内環境をととのえるには、キトサン、乳酸菌、マルチビタミン、マルチミネラル配合のマックスピアがおすすめです。
マックスピアは半月分のお試しができます(1500円、送料無料、コンビニ後払い)

そらホームページ
posted by shinto at 16:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん
日本のがん検診受診率の低さ | ホーム | 麦わら帽子は優れもの。綿帽子との比較!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/57077046

この記事へのトラックバック