サーチュイン遺伝子とレスベラトロール

2012年07月05日

老化の防止、すなわち長寿の研究で、いま最も注目されているのが「テロメア」と「サーチュイン遺伝子」です。

テロメアについてはこちら

「サーチュイン遺伝子」とは、ヒトであれば10番目の染色体に存在し、長寿・抗老化遺伝子ともいわれるものです。

サーチュイン遺伝子.jpg

この遺伝子は普段は働いていません。これを働かせるためには、「少ない食料」であること。すなわちカロリーを制限したときに、はじめて強力に活性化するのです。
 
なぜなら、サーチュイン遺伝子は動物の“飢餓”の歴史の中で、生命を維持するために生じたものだからです。そして最新の研究では、サーチュイン遺伝子がテロメアの短縮を抑える働きがあることがわかりました。

また、このようなサーチュン遺伝子を活性化する成分として、ブドウなどに含まれる「レスベラトロール」が俄然注目をあびるようになってきました。あえて食事制限しなくてもサーチュイン遺伝子が活性化するというので、近頃では、レスベラトロールを配合した健康食品が数多く販売されています。

ところが、レスベラトロールの効果はいまだはっきりしていません。いや、むしろ否定的な研究結果が出はじめているのです。

カロリー制限は、健康・長寿をもたらす

ロンドン大学ユニバーシティー・カレッジ健康加齢研究所の研究チームでは−これまで、レスベラトロールがミバエのサーチュインを活性化するとされていたが−2か所の研究所で複数の手法を使って調べたところ、そのような結果は得られないことなどから、否定的な見解を発表しました。

さらに今年2月には、遺伝的に雑多なマウスを対象とした研究でも、レスベラトロールの抗老化効果は認められないことが報告されました。

その上で、カロリー制限をすると寿命が延びるという現象自体については“疑う余地がない”ということなのです。

実際、この「カロリー制限」と「長寿」の関係は、米国立老年学研究所とウィスコンシン大学でおこなったアカゲザルの実験が有名です。アカゲザルの遺伝子は、ヒトの遺伝子と98%一致するため、人間にひじょうに近い類人猿とされます。
 
カロリー制限グラフ.jpg

このアカゲザル約80頭をつかい、20年間にわたってカロリー制限の実験をおこないました。
食事を「十分に与えられたサル」は体毛が抜け、身体にもシワが多かったのに対して、「30%のカロリー制限を続けてきたサル」は体毛がフサフサで肌にも張りとツヤがあり、若々しさに溢れていました(下の写真)。

アカゲザル実験.jpg

現在、全てのサルは27歳以上で老齢期にかかっています。この中の、カロリー制限無しの群れ38頭のうち、すでに14頭が死亡しました。その一方で、カロリー制限有りの群れ38頭のうち死亡したのはたった5頭で、あきらかに制限有りのほうが“長生き”であることもわかりました(2009年発表時)。

しかも、カロリー制限有りのサルでは、がんや糖尿病、心臓病、脳萎縮などの疾病も少なかったのです

つまり私たちも、(普通の摂取カロリーに対して)約30%のカロリー制限をすることで、確実に「老化を遅らせ健康になる」可能性が高くなるということなのです。

-------------------------------------------------------------------------------------
以上のことから、まとめますと

栄養を不足なく摂取しながら、なおかつ摂取Kカロリーを通常の70%程度に抑えることで、身体における老化現象を遅らせることができ、健康長寿につながるというこのウィスコンシン大学でのアカゲザルの研究結果は、ひじょうに意味のある研究です。

この結果をうけて、日本でも病気で投薬していたり治療をうけている方達の生活改善に役立てたらすごくいい結果につながり、国民医療費削減に大きく寄与するものと思います。サプリを売る材料にしてしまうのではなく、たいへんだけれど、生活習慣改善をめざすべきなのです。

アカゲザルの写真を見れば、その差異は一目瞭然。カロリー制限は、たしかに効果があることがみてとれます。この実験を人間に応用するなら、カロリーの制限度合いは70%でなくても80%でも十分効果があると予想できるのです。2000kcal食べてたひとが1600kcalにするということになります。
「大変だ」と思わず、これは節制、節食ではなくてBOSS法のように、しくみで考えるとむずかしくはありません。

この実験から、せっかく「カロリス理論」というものが世の中に公表されたというのに、それが具体的な実践プログラムとして普及しないというのは、なんとももったいない話。

これから先、団塊世代の生活習慣病リスク、高齢者医療の問題、老老介護の増加、寝たきり要介護人口が財政を圧迫しているなど、すぐにでも国民全体の健康にたいして具体的な計画をしめさなければならないというのに。

これに対して、カロリスは単純明快。学者さんは理論だけだから、具体的なことになると現場に従事する栄養士、保健士、看護士さんになるのだろうが、でも強力なリーダーシップで旗をふるひとがいないとなかなか。

うちならBOSS法というしくみをお伝えすることができ、役にたてる自信があるのに歯がゆいと思います。


オリジナルサプリメント そら →

栄養補給を重視した健康ダイエット BOSSダイエット →




posted by shinto at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング
40代で心筋梗塞や脳梗塞が増えている | ホーム | 何年も経った銀冠は“寿命”
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/56879008

この記事へのトラックバック