発展途上国でも生活習慣病が増加

2012年05月17日

WHO発表 「世界の3人に1人が高血圧」 
2012/05/17 朝日新聞ジュネーブ支局より

世界保健機関(WHO)は世界のほぼ3人に1人が高血圧で、死因の63%が生活習慣病だとする報告書を発表した。寿命も延び、新興国や途上国でも生活習慣病が増えた。

世界保健統計2012によると、世界平均で収縮期血圧(高いほう)が140以上のひとの割合は、男性29.2%、女性24.8%。
寿命は1990年調査では64歳であったのが、2009年は68歳に延びた。

2008年の推定死者5700万人のうち、6割強の3600万人が生活習慣病が原因だった。そのうち最も多かったのが心臓血管疾患(48%)、続いてがん(21%)、慢性呼吸器疾患(12%)。
原因別では、高血圧が13%で最多。喫煙9%、高血糖6%、運動不足6%、肥満が5%だった。

生活習慣病の死者のうち、8割の2900万人が低所得の国の人たちであった。アフリカのいくつかの国では、半数近くの人たちが高血圧だ。

生活習慣病.jpg

(以下は筆者コメント)
少し前までは、生活習慣病は先進国に多い病気とされてきました。肉を食べ、脂肪分の多い食事をし、運動をしない。その結果、高血圧症や糖尿病にかかる。いわば贅沢病だと。

アフリカにもそうした生活習慣病にかかる人が増えてきたということは、なにを意味するのか。警告ととらえるべきでしょうね。


いま問題になっている病気は、生活習慣病。
これは、個人の日々の生活習慣によるところが大きいので、医者、病院が治そうとしてもなかなか治るものではないであろう。
自分自身でコントロールできるものなのです。

体内の環境を整えることが、予防になります。
その目的で企画したのがマックスピアです。
マックスピアについて詳しく



そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』



posted by shinto at 14:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病の予防
日本人の死因、がんがトップ | ホーム | 日常でアンチエイジング(腸腰筋を鍛える手..
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/55906349

この記事へのトラックバック