生活習慣病より“生活環境病”のほうがしっくり

2011年06月28日

がん、心臓病、脳血管疾患などを「生活習慣病」とよんだりしますが、この言葉ができた経緯をご存知ですか?

それまでは、病気というと、病原菌やウィルスなど外部の要因によって引き起こされるもの、あるいは遺伝的な要素に起因すると考えられてきました。

その一方で、がんや心臓病、脳卒中などは40〜60歳くらいの罹患率が高いために、「成人病」と呼ばれてきました。この成人病は、昭和30年代から増加の一途をたどり、いまや日本人の死亡原因の60%を占めています。このため、がん、心臓病、脳血管疾患は「3大成人病」ともいわれています。

ところが研究をすすめていくと、これらの成人病は病原菌などの外部の要因や遺伝的なものよりも、不健康な生活習慣を続けていたことで、体の内部から引き起こされる病気である ということがわかってきたのです。

平成9年、この対策として、(旧)厚生省は「成人病」の名称を『生活習慣病』に改め、生活習慣の改善やQOL(生活の質)に重点をおいた予防を勧める ことになりました。

生活習慣病には、U型糖尿病(インシュリン非依存型)や高血圧、アルコール性肝炎、歯周病、肥満をおもな原因とするメタボリックシンドローム(通称メタボ)も含まれます。

生活環境病のイラスト.jpg

ただ、実際にはこれらの病気の原因は、なにも個人の生活習慣だけにあるものではないと考えます。毎日飲む飲み水(水道水の問題)、化学物質(食品に含まれる農薬、添加物)、大気汚染や水質汚染、といった人間をとりまく環境そのものにもいろいろな原因がふくまれていると考えているのです。最近では、放射能汚染が身近な問題として浮上しています。

今後、農作物や魚介類がどのように放射能汚染され、それが、どのような経路で人々の体内にとりこまれていくのか。何年後かに、内部被曝によって発ガンをおこす危険性も示唆されています。

これは、個人の力の及ばないことです。こうした内部被曝によって引き起こされた“がん”を生活習慣病と呼ぶのでしょうか? 原発の問題にまで話しが及んでしまいますが、東電や国にも責任の一端があるでしょうし、こうしたこともすべてを包括すれば、これからも増えていくであろうこれらの病気は“生活環境病”とよぶべきではないかと思います。

※肥満、メタボだって、個人の責任ばかりではありません。栄養のある食事をしようとしたって、肉、魚、野菜は高すぎる。個人所得に対して食費がかかりすぎるのです。外食産業の提供する、栄養バランスもひどい。栄養が足りなくて、カロリーばかり高いという食事が蔓延しているのです。これでは、太るのもあたりまえです。

自分の体はできるだけ自分で守る
体内環境を自力の及ぶ範囲で整える「マックスピア」


現代食における栄養の欠如からくる肥満。
BOSSダイエット法のしくみで解決する

弊社独自の考え方で開発したサプリメント
オリジナルサプリメント&スキンケア そら →




posted by shinto at 10:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病の予防

ウォーターサーバーを止めると節電になる

2011年06月24日

先日、サンゴの力についてお問い合せをくださったかたは、今までウォーターサーバーを使用していた。でも、今回の節電対策で、「これも電力を使ってる。もったいないんじゃないか!他の方法はないかな?」と考えたそうです。

ウォーターサーバー.jpg
※写真はイメージです。記事とは関係ありません。

現在の東京電力管内の各家庭で、電球を1個だけLED電球に替えると、131万KWの節電で、原発一基が要らなくなる節電に。

*炊飯器の「保温」をしない=約3.9%で約430Whの節電
*エアコンの設定温度を2度(26⇒28度)に夏場上げる=約5.3%で約580〜900Khの節電
*電気ポットの保温をしない=約3.8%で420Wh程度の節電
*洋式トイレの便座保温をしない=約4.4%で約480Whの節電
(意外と細かなことで節電になるんですね!)

さらに一番大きい節電が「ウォーターサーバー」を丸一日切る=約13.5%=約1500Whの節電。やはり、これは大きい。

サンゴの力をおすすめしたいですね。原料は、沖縄の沖合に沢山堆積している“サンゴの化石”。自然素材の有効利用です。使い終わったら、畑など土に還してあげましょう。まさしく、エコですね。
電力も使わないし、使うとしたら、自分の力!自力です。しゃかしゃか振るときだけですが。

サンゴの海.jpg


サンゴの力使い方はこちら→

ウォーターサーバーとサンゴの力徹底比較!こちら→

そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 11:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | サンゴの力

ひとにはなかなか言えない悩み“便秘”

2011年06月23日

便秘で悩む人口はかなり多いのではないかと思う。

ことがことだけに、ひとにも言えない。女性だけでなく男性にも増えているのではないだろうか。
最近の食生活の傾向からして、便秘の要因となることがらは増えている。

・肉食など酸性食品が多い→ 腸内細菌のバランスが悪くなる
・野菜の摂取が少なく食物繊維の摂取不足
・デスクワークが多い。動かない→ お腹周辺の筋肉を使わない
・ストレスが多い→ 腸の働きが悪くなる
・体を冷やすことが多い→ 空調、冷たいものの飲食


便秘の原因は複雑だ。お医者さんでも解明できないのではないか。
弊社代表の永島のように、腸がひとより長くて物理的に(形状的に)便秘になりやすい体質のひともいる(レントゲンをとったときに医師に“あなたの腸は長いですねえ”と言われたそうです)

それこそ便秘の原因と思われるものは多種多様。だから、改善に役立つ、とか便秘にいい、といわれることは複合的にやると良いと思う。

なにかひとつ、これだけで便秘が改善するなんていうものは存在しない。

【お通じによいと思われる策】

◆パプアニューギニアのひとに習って“さつまいも”を常食する

だいぶ昔だが、テレビでパプアニューギニアのことをやっていた。かれらの主食はイモで、1日に1s以上食べるのだそうだ。「これが、ウンチの量の多い原因だ」と考えられた。このあとが面白い!撮影スタッフがかれらと同じ食事を食べてみたところ、翌日から同じように立派なウンチがでたというのだ。

パプアニューギニア人.jpg

パプアニューギニアの食事.jpg

日本でも、イモは体によいと思われており、繊維も多いからお通じにはいいと知っている、でも、毎日食べてはいない。ここがポイントだろうと思う。お通じは毎日のリズムが大事なのだ。でない日があると、交通渋滞のごとく“詰まってしまう”。
つまり「イモを常食する」ことが大事。

◆水分を摂る。ときにはゴールデンキャンドル茶も助けとなる。

水分はこまめにとったほうがいい。便は小腸から大腸に運ばれて、大腸では水分が吸収されてしまう。水分のとり方が足りないと便が固くなりやすくなり、つまりやすくなる。
マレーシアに自生するキャンドルブッシュのお茶は、現地では千年以上も前から生薬として珍重されてきました。水溶性の繊維も多く含んでおり、夕食後のお茶として便利です。

ゴールデンキャンドル茶とは →
夜湯飲みに1〜2杯飲むと朝すっきりします。

キャンドル茶.jpg

◆マックスピアの動物性食物繊維(キトサン)と乳酸菌も強い味方になる

マックスピアに配合されているキトサンは、数少ない動物性食物繊維である。繊維の力は、植物性食物繊維の数倍あるといわれている。

さらに、お通じには腸内細菌のバランスも重要で、善玉菌を腸内に数多くもっていることがポイント。マックスピアには、1日量あたり乳酸菌1兆個がとれるよう配合している。ヨーグルトに換算すると、100個分。

実際に、マックスピアのユーザーに、「継続して飲んでいる理由」を尋ねると、気持ちのいいお通じが得られる、という声が多くきかれる。

マックスピアとは →

マックスピアお試し.jpg

便秘
posted by shinto at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 便秘

イメージで売れている『野菜ジュース』

2011年06月22日

カゴメさんの新聞広告をみて。

野菜ジュース.jpg

消費者がこころくすぐられるキャッチコピーがみられる。
・通販でしか買えない
・野菜が8種類もはいっている
・一億6000万本売り上げた
・おいしさと栄養がピークになる旬のものを使用
・志の高い契約農家が栽培

一見読んでいると、よさそうな気がするが、一番重要なことはこういう事柄ではない。
野菜ジュースを飲む理由は、たんに美味しいからということではないだろう。1本160ccしかないのに、210円するのだから、普通のジュースとは違う。それ以上の価値を期待するから飲むのである。野菜不足が少しでも解消されるなら・・・とか、ビタミンが摂れたらいいな、とか。健康目的だ。

では、その栄養成分は?

クリックすると大きくなります↓

野菜ジュースの栄養.jpg

宣伝のほうには、「栄養がピークになった野菜を」とあるが、問題は加工段階でどれほどの栄養の損失があるかであろう。消費者がその野菜ジュースを飲んだときに得られる“価値”、そこが重要なのだ。
肝心のビタミンCが含まれてないのを知っているだろうか? 野菜=ビタミンCを多くの人は連想すると思うが、ビタミンCほど不安定で壊れやすい栄養素はない。時間が経てば減るし、熱を加えれば減るし、加工すればするほど減る。

かりにサプリタイムと栄養比較してみると、野菜ジュースにはタンパク質が1.5g。一方のサプリタイムには10倍の15gが入っている。
カルシウム(1日の必要量は600mg)は、野菜ジュース28mgにたいして、サプリタイムは300mg。ビタミンEは、野菜ジュース0.7〜3mgにたいして、サプリタイムは25mg。葉酸は、野菜ジュース9〜77μgにたいして、サプリタイムは100μg。

この栄養成分表をみるかぎり、野菜ジュースは“気休め”といっても過言ではない。
宣伝では、この野菜ジュースを飲んでいれば、いかにも十分な栄養がとれているような印象を与えるが、「問題である」と言わざるをえない。

ココアグラス.jpg

サプリタイムの栄養

そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 16:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | サプリメント

女性のがん。【乳がん】マンモグラフィー短所は

女性のがん.jpg

早期発見に欠かせないがん検診
特徴知って適切に

2011/06/21朝日新聞参考に

女性特有のがんの罹患率はどうなっているのだろう。グラフをみると、乳がんが子宮ガンの何倍も多いことがわかる。そして、45歳から65歳までがピーク。国が勧めている婦人家系のがん検診では、乳房については40歳以上にたいして2年に1回、マンモグラフィーと視触診を。子宮頸部については20歳以上にたいして2年に1回細胞診を奨励している。

乳がんの早期発見のために、マンモグラフィー(乳房エックス線検査)はとても重要だが、短所も指摘されている。40代の10%以上が「要精密検査」になるという。超音波検査(エコー)による再検査を受け、がんが見つかるのはそのうちの数%という。

マンモグラフィーの場合、腫瘍と乳腺は両方とも白くうつるので区別がつきにくい。乳腺が発達している閉経前の女性は要精密検査(疑陽性)になりやすいのだという。

米国での乳がん治療の経験が長い聖路加国際病院の山内英子乳腺外科部長は、「乳がん罹患率は米国では年齢が上がるごとに増えるのにたいし、日本では40代後半がもっとも多い。乳がんで亡くなる人は欧米では減っているのに、日本はまだ増え続けている」と指摘。

“疑陽性”がでる可能性があることも理解しつつ、2年に1回は検診を受けて欲しいというのが、専門家の意見。


そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 14:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん

サプリメントはなんのために飲むのか?が重要

サプリメントを飲もうとする目的は、“病気をしたくない”“若々しくいたい”“体調のいい状態で過ごしたい”ということだと思います。私共も21年間サプリメントを販売してきました。ただ、一般にはまだまだサプリメントの位置づけが正しく理解されていないようです。

なにか、魔法の薬のように捉えている販売者、消費者のかたが多いのは困りものです。サプリメントは薬でもなんでもありません。すぐ効く特効薬なんかありませんし、それは西洋医学の薬でも同じです。

生活習慣病予防のイメージ
クリックすると大きくなります↓
4つの原則.jpg


日本では、サプリメントという言葉は正式では無く、「いわゆる健康食品」が正式名称。これも変ですね。消費者にとって、ますます分かり難いものになってしまっているのです。

サプリメントは、食品にも含まれている“栄養素”を効率よく、豊富にとるためのものです。だから、本当は、はやりすたりなんかありません。昔から、カルシウムやビタミンCが大事と言われてきたように、今も変わらず基本的な栄養素は大事なのです。

目新しい聞いたことのない成分を、やたら宣伝したり、ブームにしかけたりすることがおかしいのです。広告にも罪があります。弊社では、サプリメントの正しい使い方、役立て方を消費者に伝えてサプリメントを継続して飲用してもらおうと、「食品保健指導士」の資格をとりました。健康のこと、栄養のことを、専門的にアドバイスしています。

消費者も、ただ「すすめられたから」とか、「今売れているらしいから」という理由でサプリメントを使いはじめても、よく理解していないわけですから、続きません。サプリメントを飲む意味、なにを目標に使い続けるのか!が明確でないと、サプリメント生活は続かないものなんです。

そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 11:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 生活習慣病の予防

再発防止のためにプラスになるもの

2011年06月21日

今日は、何年も前にがんを経験して、それからずっと弊社のサプリメントをご愛用くださっているお二人のかたがたから注文をいただいた。

えっ、がんに効くものがあるの? いえ、そういうことではありません。それぞれお使いの製品は異なります。でも、4年5年と変わらずお元気に過ごされているということは、きちんと体のコンディションが保たれているということだと思います。

まず、4年前に乳がんを患って、“キトサン”に着目なさってネットで「マックスピア」にたどりついたHさん。抗ガン剤治療などを受けると、ダメージが大きくて、日常生活に支障がでる場合が多い。仕事を続けるのも困難になる場合もあるとききます。

がんを経験されたかたにとって、いちばん価値があることは、再発の心配をなるべく少なくしたい。日常生活をふつうに支障なく送りたい。きっとそういうことだと思います。

Hさんが4年間お使いになっているのは、マックスピアです。主成分は、カニから抽出したキトサン、乳酸菌、マルチビタミン、マルチミネラルです。免疫力に主眼をおき、体のコンディションが低下すれば、免疫力等にも影響してきます。そういうところに着目しています。
Hさんは、お仕事も続けられているし、安定しているので飲み続けているとおっしゃっています。

マックスピア.jpg

もうお一人は、60代男性のWさん。Wさんは今は会社をひとにまかせて悠々自適の釣り三昧の生活をなさってますが、以前は会社経営をされていて、精力的に働き、お酒&タバコと体に悪いことばかりしていたそうです(ご本人がそう反省なさってました)。

当時、身長157pと上背はそうないのに、体重は75sあり肥満体で、大腸がんになり、それでもがんをあまくみていたそうで、生活は改めなかったんだそうです。相変わらずやりたい放題の生活を続けていたら1年後、今度は肝臓がんに。

さすがに、反省して生活を改めようと思ったそうです。そのとき、たまたま娘さんから弊社のダイエット法である「BOSSダイエット」をすすめられ、すぐさまスタートしました。

体重も4sくらいおとし、体脂肪率も23%あったのを20%切るくらいまでになり、それからもずっとこの食事法を継続し、体調もいい状態を維持されています。

体重をおとすまでのダイエット期間は、朝と昼と2回、栄養補給のためにサプリタイムを飲んでもらいましたが、維持になったら朝1回だけ継続してもらっています。Wさんは、だいぶ以前に病気で奥様を亡くしておられ、独身。食事の仕度はしないので、食事は外食です。そんななか、サプリタイムですませる食事は、簡単であり、なおかつ栄養が摂れて安心。そして、太る心配なく、ベストな体調を維持出来るとあって、Wさんはサプリタイムがほんとにお気に入りです。

再発防止のために、嫌々しかたなく、というのではなく、自らこの方法に納得し気に入って継続なさっているとおっしゃっています。
そうですよね。そうでなかったら5年も続きません。

Wさんが現代のがん治療について、お話しされていたことをそのまま以下にご紹介します。

「抗ガン剤は拒否した。抗ガン剤やると髪の毛がぬけるっていわれたから。髪の毛抜けたら格好悪いし、髪の毛が抜けるってことは、体の免疫力も弱めるってことじゃない。がんも自分の細胞だけど髪の毛だって細胞でしょ。
結局全身を痛めつけて、かえって再発する危険性が高いって聞いている。婿は医者だから、「お父さん、抗ガン剤やったらどうですか」って言われたけど、僕は西洋医学が嫌いなんですよ」。



サプリタイムココア.jpg

サプリタイムココアは美味しいと言ってくださってます。

ココアグラス.jpg

事実美味しいと思います。私自身、10年毎朝このサプリタイムココアを飲んでいまして、体重は一定です。この味をだすには大変苦労してきました。2年前に、プロテインを上質な溶けがいい種類のものにリニューアルし、ココアは香りのたかいバンホーテンを採用し、安定した味をお届けできるようになりました。

サプリタイムについて詳しくはこちら→


そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | がん

日本人は宿命的に“カルシウム不足”だから・・・

カルシウム不足と耳にはしても、なかなか具体的な行動を起こさない人が多いと思います。
人間その場になってみないと、「転ばぬ先の杖」はやらないんですね。
でも、このカルシウム不足は、ほんとうに後になったら取り返しがつかないことになります。

そもそも、われわれが住むこの日本。歴史をひもといてみると火山灰土壌なんですね。・・・ということは、全体が酸性土壌。カルシウムなどのミネラル分が非常に少ないんです。だから、そこで作る作物にも、ミネラルがあまり含まれてないということになります。

地下水といったって、その酸性土壌をとおってくるわけなのでミネラル分はそう期待できない。ヨーロッパと比べて、水や野菜にミネラルが少ないというハンデがあるのです。

これからますます心配なのが、高齢者が増えて、骨粗鬆症患者も増えて、寝たきり要介護人口が増えていくのではないかということ。これは確実ですね!

食や栄養の問題にメスを入れないかぎり、高齢者の骨粗鬆症、ロコモティブシンドローム、サルコペニアなど問題はつぎつぎ押し寄せてきます。介護になったら・・・を考えるのではなく、「自分は要介護にはならない」と決めるべきです。

そして、そうならない対策を、30代40代からはじめなければなりません。体を支えるために必要な骨格保持には、カルシウム、タンパク質、ビタミンCが重要です。
弊社は設立当初から(21年前)カルシウムをもっとも重要視してきました。いまでもその流れで、「はだのさぷり」以外の製品には「サンゴカルシウム」を配合しています。素材として加えているというのは、“それだけ意味がある”からです。増やせば、製造原価もあがりますから。

カルシウムに話しをもどしますが、カルシウムは毎日確実にとらなければなりません。将来の骨粗鬆症に備えるためには、1日1000〜1500mg必要です。現在の日本人の平均摂取量は1日570mg。不足分が日々骨から溶かされています。

カルシウムをとりたい方におすすめなのは、珊瑚の恵です。1本飲めば400mgのカルシウムがとれます。30代〜50代は1日最低1本、60代を超えたら閉経後の骨量減少も考えて1日2本くらい飲んでおいたほうが安心です。いいことに、このサンゴカルシウムは多く飲んでも体に蓄積する心配がありません。風邪気味のとき、疲れたとき、免疫力が落ちているかな?というときに1〜2本多めに飲むという方法もいいです。

スティックを切ってるところ.jpg

このようにハサミ無しで手で簡単にきれます。携帯に便利。いつでもどこでもカルシウム補給ができて体調管理にも役立つ。

珊瑚の恵スティックと顆粒.jpg

珊瑚の恵は1スティックでカルシウムが400mg補給できます。アセロラ風味の顆粒状で水無しで飲めます。※現在は経費削減のためロゴの印刷は無く銀色の無地です。

珊瑚の恵 60本入り:5770円、120本入り:10500円
楽天ショップはこちら


そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | カルシウム

体内で放射線を出し続ける「内部被曝」

2011年06月18日

体内に入った放射性物質が放射線を出し続ける「内部被曝」

福島第一原発で多くの作業員が、大量の被曝をしていた。体内の放射性物質を測ったところ、外部被曝と内部被曝により、放射性物質が体内にかなり残っていることが判明。
朝日新聞2011/06/14より抜粋&意見

作業員の被曝.jpg

福島原発の作業員6人が、国が認めた上限の250シーベルトを超える総被曝量だったと発表。これで、合計8人が限度を超えたことになる。このうち6人は、“長期的な健康影響が懸念される内部被曝量”だけで上限を超えていた。

今回の事故が起きる以前の上限値は100ミリシーベルトだったが、それを超えた作業員は102人にのぼる。


原発から数十km離れた土壌でも、放射性物質が検出されており、空気や雨によって放射性物質が運ばれてくる危険や、汚染された海や畑でとれた食物を食べることで、放射能汚染をしてしまう危険などを考えあわせなければならない。

そのためにも、この「外部被曝」と「内部被曝」の違いを知っておかなければならないですね。

原発が爆発したときに、そこにいた多くの作業員は、降ってきた放射性物質を浴びてしまった。そして、その後も放射性物質が蔓延している現場で作業を続けなければならなかったのです。

放射線を体外から受けるのが『外部被曝』。これにたいして、放射性物質を含む空気や水、食品を、吸い込んだり飲食したりして起きるのが『内部被曝』。

なぜ、事故から3ヶ月もたって騒がれているのかといえば、外部被曝は線量計で測れば、その場でわかるが、内部被曝の場合はひとの体のなかのことなので、測るのは簡単ではない。「ホールボディカウンター」と呼ばれる大がかりな機器で測るのだが、台数が少なく、この機器を保有している施設でないと測れない。

内部被曝を防ぐ方法としては、放射性物質を多く含む水や食品、空気を体に入れないこと。原発作業員は特殊なマスクを装着していますね(あれも息をするのが大変で、長時間はめているのは苦しいそうです)。放射性ヨウ素については、あらかじめ安定ヨウ素剤を飲んでおくことでブロックできる。

内部被曝は、放射性物質が体外に排出されないまま、体内に存在するあいだ、ずっと放射線を出し続けるということに大きな問題があります。チェルノブイリ原発事故では、内部被曝で小児甲状腺がんが増えた。放射性ストロンチウムなどは、骨に吸収され20年30年と長く体内にとどまってしまう。考えようによっては、外部被曝よりも内部被曝は恐い。

内部被曝.jpg

内部被曝でこわいのは、骨に吸収され長期間体内にとどまる「放射性ストロンチウム」。骨のがんをひきおこすともいわれる。
カニ殻から抽出されるキトサンには、キレート作用があり、放射性ストロンチウムを体外に排出される働きがマウス実験によってわかっている。

キトサン・乳酸菌・マルチビタミンを配合した「マックスピア」とは
このようなサプリメントです。
体内の環境を理想的にととのえ、生活習慣病のリスクを減らすことを目的に
開発されました。

そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 14:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 放射能

水でダイエット、炭水過物抜きでダイエット、その落とし穴とは

2011年06月15日

水でダイエット、炭水化物抜きでダイエット、は結局はまやかし

先週の日曜版朝日新聞で面白い記事があったので、抜粋して紹介する。
体内の水代謝についてだ。成人の体の65%は水だといわれる。体重60sのひとなら39sが水ってことだ。39リットルもの水をつねに持って歩いているというわけ。

えっ、そんな水どこにあるの?と思うだろう。血液に約4リットル、あとは、60兆個の細胞ひとつひとつに“細胞内水”が満ちている。

あらためて、水って大事だし、いろんなことを左右するな。

記事はこう。
---------------------------------------------------------------★

「ミネラルウォーターでダイエット」などと聞くが、なぜなのか? 同志社大学スポーツ健康科学部の石井好二郎教授(運動処方論)はこう説明した。

「硬度の高い水を飲むと下痢をする。それは、やせるのではなく、やつれているということです」

水の硬度は、マグネシウムとカルシウムの量で決まる。日本の水は硬度が低い“軟水”。マグネシウムなどが少ない軟水に慣れている日本人は、硬水を飲むと下痢気味になりやすい。脱水症状をおこしてやつれた状態になる。その結果、体重が減るだけ。
※マグネシウムは、にがりですものね!

石井教授によると、オリンピック選手は、ミネラルウォーターの硬度にまで気をつけてコンディションづくりをするそう。

体内の水代謝.jpg
朝日新聞より

炭水化物抜きダイエットで減るのも“体内の水”!

炭水化物抜きダイエット(糖質抜きダイエット)にも“体内の水”が関係している。
体はエネルギー源として、体に糖を蓄えるようにできているが、その際、糖1gあたり水3gがくっつく。つまり、糖質を1g抜けば、水も3g抜けるということだ。

「体の水の蓄え」が減るわけだから、体重が落ちる。でも、体重が落ちても、脂肪を使っているわけではないので、脂肪は残る。

脳は意外にエネルギーを消費する臓器。脳はエネルギー源として必ず糖を必要とする。だから、糖を控えると、別のところから糖をつくらなければならなくなる。脂肪から糖をつくることはできないので、おのずと「タンパク質」からつくることになる。体の中のタンパク源といえば・・・体組織、筋肉などですね。その結果、筋肉が落ちて、脂肪は残るのです。こうしたことが、体格は太って見えないのに体脂肪率が高いという「かくれ肥満」をつくっていくことに。

いま、若い人に男女を問わず、「かくれ肥満」は増えています。

タンパク質をちゃんと補給しないとダイエットはうまくいかない。
BOSSダイエット法では、栄養補給がしっかりできて体脂肪を減らせます。
BOSSダイエット法

そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット

21年前、カルシウムが出発点だった・・・わたしの健康

2011年06月09日

新藤のレオタード姿.jpg

「カルシウムが出発点だった」わたしの健康

「えっ、なんで?」、わたしの骨密度が50歳ぐらいになっている。「えー、ウソでしょう!」。

だって、その時、わたしの年齢は27才。本当に信じられないくらいでした。

体には絶対自信があったんですよね。想像つかないかもしれないけれど、こうみえても体育大学出身。なにが得意って、運動に関してはダントツ。卒業後は、都心の高級スポーツクラブでインストラクターになった。有名タレントや政治家も通ってきて、年齢層も高いので、スポーツよりも健康のための体力づくりを教えるっていう感じで。

そんな立場だったわたしの骨がもうボロボロなんて。大ショックだったですよー。
でも、いまにしてわかったことだけれども、健康に関しての基本的なことを何も知らなか
ったんですよね。
 
体育大学でも筋肉を鍛えることは教えても、体にとって大切な栄養のことなんか、あまり教えてくれてなかった。肝心なことなのに・・・。

ちょうどそんな時でした。サンゴのカルシウムに出会ったのは・・・。

以来21年間、サンゴのカルシウムを欠かしたことはありません。健康食品というのは、飲んでもなかなかすぐには“実感”ってもちにくいものですが、ことサンゴカルシウムについては違ってました!

なにが驚いたかって? 夜珊瑚の恵を飲んで寝たら、朝起きたときにスッキリして、寝起きがいいんですね!疲れも翌日に持ち越さないし、正直「サンゴのカルシウムってすごい!」と思ったんです。
どうしてそうなるかというと、理論的には、サンゴカルシウムは体内をアルカリ性にしてくれるんです。血液が弱アルカリだと疲労回復も早いのです。

カルシウムを毎日不足無く確実に摂りたいという方には
「珊瑚の恵」をおすすめします。
【珊瑚の恵 60本入り5770円 120本入り10500円】
※味が知りたいかたはメールでお申込ください。
sango@soramesse.co.jp

そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | カルシウム

顔のシワと骨密度に相関関係が

2011年06月08日

米エール大学研究チームが発表

「高齢者で顔にシワが多いほど骨密度低下による骨折リスクが高い!」


顔のしわと骨密度.jpg
ブラジル・イティンガ(Itinga)の教会を出る71歳の女性(2003年1月10日撮影、資料写真)。(c)AFP/Mauricio LIMA

【6月7日 AFP】女性の顔のしわで骨折リスクの可能性を推測することができるという研究が、6日に米マサチューセッツ(Massachusetts)州ボストン(Boston)で開かれた内分泌学会で発表された。

発表したのは米エール大学(Yale University)の研究チーム。女性の肌と骨のタンパク質レベルには関連があるため、女性の顔や首にしわが多ければ、その女性は骨密度低下による骨折をするリスクが高いことになるという。

研究チームは米国各地で、最後の月経期が終わってから3年以内の更年期後の女性114人を対象に、目視と機器を使って、顔と首の11か所のしわを調べた。使ったのはデュロメーターと呼ばれる装置で、ひたいとあごの肌の硬さを測定した。一方で超音波とX線で骨密度も測定した。

エール大学医学部で産婦人科・生殖科学を専門とするルブナ・パル(Lubna Pal)氏は「被験者の間では、皮膚のしわが深くなり悪化することと、骨密度の低下とに関連性があった」と語った。

「しわがひどくなればなるほど骨密度が低かった。この関連性は、年齢や、骨密度に影響を及ぼすことで知られる諸要素とは独立していた」。逆に、皮膚に弾力のある人の骨密度は高い傾向があったという。

パル氏は、「肌の見た目や物理的特性が骨の質を反映しているとの発見」により、「医師は更年期後の女性の骨折リスクを文字通り『一目見ただけで』判断することができ、高価な検査を行う必要がなくなる」と発見の意義を説明した。(c)AFP

----------------------------------------------------------★

骨粗鬆症の予防を考えたとき、骨の密度とともに強度、しなやかさが重要となる。密度が高くても、しなやかさが欠けていると、骨折しやすくなることがわかっている。

しなやかさとは? 骨はカルシウムとタンパク質からできている。つまり、しなやかさのもとになるのは、コラーゲン繊維。コラーゲンをしっかり強固なものにするには、タンパク質とビタミンCを摂取しなければならない。

とかく、アンチエイジングで骨粗鬆症予防というと、カルシウム単体で考えがちだけれど、骨の質を良くするには、さらにタンパク質、ビタミンCを補給することがポイント。

そらのサプリメントでは!

カルシウム摂取には
珊瑚の恵

タンパク質補給には
サプリタイム

ビタミンCを摂りたかったら、1日1000mg摂れる
はだのさぷり

そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 14:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング

長寿とQOL(どう生きているか!の質が大事)

2011年06月06日

日本は、世界一の長寿国と呼ばれることは喜ばしいことですが、寝たきり老人の数はなんとアメリカの5倍にも達します。つまり、日本では、ほんとうに元気で長生きをエンジョイできている人が、はたしてどのぐらいいるのか疑問なのです。

寝たきりの原因.jpg

医学などの進歩により、高齢者の死亡率が相対的に低下し、平均寿命が飛躍的に伸びてきたことは事実です。ところが、その一方でベッドに寝たきりになり、人の手を借りなければ食事もできない、あるいは、そこまでいかなくても、からだに不調や病気を抱え、気分が落ち込んだり、やりたいことが思うようにできない、そんな人たちがじつに多くなってきているのです。
 

人生をほんとうに楽しむためには、心身ともに元気でなければなりません。「長寿であること」≠「健康であること」とは違います。いくら長生きしても寝たきりになってしまっては元も子もありません。

WHO(World Health Organization/世界保健機関)は、その憲章の中で、「健康」を次のように定義しています。
 
『健康とは身体的にも精神的にも社会的にも完全に良好な状態をいい、単に病気がないとか病弱でないということではない』

ところが、多くの人達の考え方はどうでしょうか? 病気になったら病院にいけばいい、そうならない以上は健康である。あるいは、薬を飲んでいるおかげで数値は正常だから健康、などと思っているのではないでしょうか。
 
こうした、病気にならなければ健康という考え方を「ミニマム・ヘルス」といいます。つまり、最低限の健康ということです。こうした人々を「半健康人」と呼ぶ場合もあります。
 
「この考え方では、ガン、脳卒中、心臓病、糖尿病などの重大な病気に対して、食生活や運動、喫煙等の生活習慣を改善し、予防していこうというような考え方は生まれてきません」。
 
ちなみに、ガン、脳卒中、心臓病、糖尿病などは、今や「生活習慣病」と呼ばれています。遺伝的な要因よりも生活習慣や生活環境の影響が大きくて、これらの病気を引き起こしていることがはっきりしてきたからです。

そして最近、この「ミニマム・ヘルス」の考え方に対して、「オプティマル・ヘルス」という考え方が注目されるようになってきました。

オプティマルヘルス.jpg


早ければ、早いほどよいオプティマル・ヘルス 
オプティマルoptimalとは、「最善の, 最適の」という意味です。つまり、オプティマル・ヘルスとは、その人にとっての「最高・最善の健康状態」のことをいいます。

年齢がいくつになっても、その時のライフスタイルと心身の状態を最善・最高にしておこうというものです。70歳なら70歳でえられる最善の健康、80歳なら80歳の、あるいは50歳なら50歳での最善の健康状態です。

さらに言うなら、80歳以上でオプティマル・ヘルスを実現するためには、40歳、50歳の時にもオプティマル・ヘルスを実現しておかなければなりません。この年代の時にいいかげんな健康状態であっては、その実現も難しくなります。
 
いや、老化現象がはじまるのは25歳ぐらいからといわれます。つまり、この年代からこそオプティマル・ヘルスの考え方を持つ必要があるのです。早ければ早いほど将来における老化や病気を予防することが、より可能になるからです。


若い頃のこうした悪い生活習慣は、その後、10年、20年、あるいは50年と経ったときに、大きな影響となって現れてきます。老化が早まり、単なる数字上の年齢(暦年齢)ではなく、健康の観点からみた年齢(実年齢)では、10歳も、20歳もよけいに老けてしまうのです。がんや脳卒中、心臓病などの重大疾患を引き起こしやすくなるのも当然のことです。

そうなると、「もうかなり年をとってしまったので、今さら遅いのではないだろうか?」と思われる方もいるかもしれません。でも、そうではありません。アンチエイジング(抗老化)といわれるように、今からでも老化を進行させないための対策をとることが重要なのです。
 
また、「そんなことは難しいのでは?」と思われる方には・・・。最新の研究でわかったことですが、アンチエイジングに最も役立つ方法は、適切な食事や軽い運動、活性酸素を除去することです。こうしたことで老化の進行を遅らせることができるのです。だから、けっして遅いということはありません。諦めてしまうことでもありません。やればできる、というメッセージを送りたいです。

アンチエイジングの曲線.jpg


自分の健康は自分で守れる。
ポイントは体内環境!
体内の環境をベストに保つ目的でつくられたサプリメント
マックスピア

そら株式会社(ポリシーとサービスの考え方)

☆facebook公式ページスタートしました。『そら株式会社』
posted by shinto at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | アンチエイジング

高齢になるほど低栄養状態!

2011年06月02日

国民全体が「飽食の時代」を反映してカロリー摂りすぎ、脂肪摂りすぎ)となる一方で、
高齢者ほどやせの人が多くなる傾向にあります。

これは一般的に、高齢者になるほど低栄養状態になっていることを意味しているのです。
そして、高齢者が食欲不振、しいては低栄養状態になる原因はつぎのようです。

クリックすると大きくなります↓
高齢者食事の注意.jpg

『高齢者が低栄養状態になりやすくなる理由』

・歯が悪くなったり抜けたり、入れ歯のトラブルなどで食欲が低下する。
・消化液の分泌が少なくなり、消化吸収力が低下する。このため油っこい料理よりもあっさりした料理を好むようになる。
・腸の運動機能の低下から、便秘を起こしやすくなる。ぎゃくに消化機能の低下から下痢になりやすくなる。 
・味覚や嗅覚が低下し、特に甘味や塩気の感覚が鈍り、濃い味付けを好むようになる。 
・運動量が少なくなると、食事量が減り、体力も減少する。カルシウム不足で骨も脆くなる。
・高齢者は複数の疾患にかかり多剤を服用することが多く、それが食欲不振の原因となる。

高齢者は、骨粗鬆症や筋肉減少症(サルコペニア)を併発しやすく、膝や腰の痛みを訴えるようになり、身動きが鈍くなります。これが、ますます悪循環をつくり筋肉がさらに減少していきます。
筋肉量が減ると、血流量も減るので、体温の低下や免疫力の低下などにつながるとも考えられています。
代謝が落ちるので、食欲も減退するでしょう。そうして、活力がおちていくのです。高齢者の食事を研究する専門家によると、寝たきり要介護で“褥瘡(じょくそう・床擦れ)”がおきた高齢者にタンパク質を十分に与える食事をとらせたら、改善されたという報告があります。

タンパク質の1日の必要量は、年齢にかかわらず一定であるということは、案外知られていません。高齢者だから、タンパク質も若い人ほどは要らないだろうと思い込んでいるケースもあるようです。だから、お肉もあまり食べようとしなくなったり。

でもこれが間違いで、タンパク質の必要量は年齢に関係なく、体重で決まってきます。50kgの人であれば1日に50gのタンパク質が必要です。さらに、豚肉100gにはタンパク質は何グラム含まれていると思いますか? 15g程度です。ですから、思っているほどタンパク質は摂れていないのです。ほとんどの人が不足していると考えていいと思います。

年齢とともに筋肉量が減る原因とは? 運動不足よりも、このタンパク質摂取不足であるとみています。

サプリタイムで確実にタンパク質を補給 →
サプリタイムには植物性タンパク質である大豆タンパクと、動物性タンパク質であるホエイタンパクを半分半分配合しています。バランスが重要です。

サプリタイム2種類.jpg

コップのサプリタイム2種.jpg